院長紹介

医学博士多田英生
【ご挨拶】
この度、吉塚地区に多田循環器内科・内科を開院いたしました。
心臓血管疾患・生活習慣病・内科全般を中心としたクリニックです。
地域の「かかりつけ医」として、皆様のお役に立てるよう、最善を尽くしてまいります。
末長く、何卒よろしくお願い申し上げます。
経歴
昭和42年(1967年)生まれ
平成4年: 九州大学医学部卒業・循環器内科入局
研修病院:九州大学病院、聖マリア病院
平成6年: 九州大学医学部循環器内科
(冠動脈循環調節・心不全の研究)
平成8年: 九州厚生年金病院(現JCHO九州病院)
内科医長(循環器)
平成10年: ニューヨーク医科大学生理学教室リサーチフェロー
(心筋代謝の研究でアメリカ心臓病学会助成金獲得)
平成13年: 九州大学医学部循環器内科医員
平成17年: 九州大学医学部循環器内科助教
平成21年: 九州大学医学部循環器内科講師
  • この間、九大病院CCU(心臓病集中治療室)主任、循環器内科病棟医長、医局長等を歴任
  • アメリカ心臓病学会診療ガイドライン日本語版製作を監修
  • 教科書執筆 等々
平成22年: ふくみつ病院副院長・循環器内科部長
平成28年4月 当院開院
資格
  • 医学博士
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本内科学会認定医
所属学会
  • 日本循環器学会
  • 日本内科学会
  • 日本心不全学会
  • 日本不整脈心電学会
  • 日本心血管インターベンション治療学会

開業の理念

九大病院時代、CCU主任、病棟医長として九州一円から集まる最重症の心疾患症例の診療を指揮してまいりました。

また、心臓移植症例の診療にも携わってまいりました。

さらに、多数の冠動脈ステント挿入術を実践・指導してきたのは勿論ですが、「冠動脈レーザー形成術(高度先進医療)」「心不全に対する両心室ペースメーカー治療」を初めて九大病院に導入した他、下大静脈フィルター挿入も初めて行うなど心臓カテーテル部門でも指導的役割を果たしてまいりました。

このような経験を生かし、基幹病院と遜色のない循環器専門外来を、手軽なクリニックという形で地域の皆様に御提供させて頂けます。

具体的には、高血圧・心筋梗塞・狭心症・不整脈・心不全・心筋弁膜症などは勿論のこと、ペースメーカー植込み後ペースメーカーチェック随時可能(要予約))、冠動脈ステント挿入後、アブレーション治療後、心臓手術後の方々等には最適のクリニックとなります。

植込み型除細動器の管理もお任せ下さい(要予約)

心臓病の基盤となる生活習慣病(高血圧症、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症等)の治療もお任せ下さい。

九大医局長として、九州・中国・四国地方にまたがる九州大学循環器内科の関連病院への医師派遣の人事を行っておりました。

このような人脈を生かし、スムーズ且つ広域にわたる基幹病院との連携を御提供することが出来ます。

福岡市内関連病院
九大病院、福岡市民病院、原三信病院、済生会病院、浜の町病院、日赤病院、九州医療センター
山王病院、福岡病院

ふくみつ病院では、冠動脈ステント留置、下肢動脈ステント留置、ペースメーカー植込み・管理も行いつつ、地域の皆様の「かかりつけ医」として、あらゆる御相談に対応してまいりました。

また、療養病棟で超高齢者医療も担当してまいりました。

このような経験を生かし、内科全般(風邪ほか感染症全般・消化器疾患・肝障害・呼吸器疾患等)は勿論のこと、予防接種、健康診断、ダイエット相談、禁煙外来等々幅広く対応いたします。

御高齢者特有のお悩みにも柔軟に対応いたします。
「健康のことで困ったら、まずは多田に相談してみよう」という、本当にお気軽な気持ちで何なりと御相談下さい。
当院では英語での診療も承ります。
言葉の壁で健康問題にお困りの方がいらっしゃれば、いつでもお気軽に御相談下さい。